服装に注意して参加すること

ナチュラルメイクが望ましい

どんなメイクが良いのか

普段はアイラインを太く引いて、つけまつ毛を付けている人が見られます。
しかし、お通夜の場合はそのようなメイクをしないでください。
派手なメイクは好ましくありません。
ナチュラルメイクを心がけてください。
軽くアイシャドウを塗ったり、リップを塗る程度で十分です。

ナチュラルメイクと聞くと、ほとんどメイクをしないことだと思っている人が見られます。
しかしそれは異なり、細かい部分はきちんとメイクをすることなので意味を間違えないでください。
メイクをしていない状態で行くと、故人にも遺族にも失礼です。
余計なトラブルが起こるので、メイクを済ませてからお通夜に向かいましょう。
現場で急いでメイクすることは、絶対にしないでください。

ネイルを落として行こう

ネイルをしている人は、落としてください。
基本的にお通夜は、ネイルは禁止されています。
ベージュや薄いピンクは目立たないので良いと言われていますが、どのくらいの色まで許されているのか、自分で判断することは難しいです。
また目立たない色を使っていた場合でも、ラインストーンなどを使っていた場合はアウトです。

お通夜に行ってトラブルを起こさないように、ネイルを落としてから行った方が良いでしょう。
ジェルネイルは、落とすのに時間が掛かります。
専門のお店に行かないと、落とせない人もいるでしょう。
お通夜があると聞いたら、すぐ落とせるよう準備してください。
適当にジェルネイルを落とすと、爪の状態が悪くなってしまいます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ