服装に注意して参加すること

邪魔にならないように

お通夜でお辞儀をする時

何度もお辞儀をする機会が訪れます。
その時に長い髪の毛を結んでいないと、邪魔になってしまいます。
自分だけでなく、他の人も邪魔だと感じるかもしれません。
決まりになっているわけではありませんが、結んでいた方が良いでしょう。
その際は黒いゴムを使ってください。
シュシュでも構いませんが、黒以外の装飾がないものを選択しましょう。

髪留めが派手だと、意外と目立ってしまいます。
常識がない人だと思われてしまうので、髪留めまできちんと気を付けてください。
普段は、かわいらしいピンクや赤色のシュシュで髪を結んでいる人がいるでしょう。
黒いゴムが見当たらない人は、コンビニで買ってからお通夜に参加してください。
耳より下の位置で結びましょう。

使用しても良いアクセサリー

アクセサリーは控えた方が良いと言われていますが、パールは使用しても大丈夫です。
パールのネックレスや、ピアスを付けてお通夜に行っても良いでしょう。
しかしネックレスの場合は、1連になっているものを選択しください。
いくつか繋がっているデザインもありますが、それは不幸が重なると連想されることがあります。
お通夜の席で着用することは避けてください。

パールは、白でも黒でも大丈夫です。
きちんとした恰好をすることが、故人を弔うことに繋がります。
また大きすぎるアクセサリーも避けた方が良いでしょう。
大きいと目立ってしまうので、手ごろな大きさのパールを用意してください。
適当にアクセサリーを選ぶと、間違えてしまいます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ