服装に注意して参加すること

正しい服装を理解して参列

スカートでもパンツでも良い

女性の喪服はスカートでも、パンツスタイルでも許されています。
パンツスタイルにするなら、足首が隠れるぐらいのパンツを用意してください。
靴下は、黒色にしましょう。
スカートにするなら、膝が隠れる丈を選択してください。
短いスカートはマナー違反になります。
また喪服を探しに行くと、タイトスカートはフレアスカートがあると思います。

それはどちらでも構わないので、好きなものを選択してください。
靴やカバンも喪服に合わせて黒色にしましょう。
蛇やワニ革を使ったカバンは、絶対に使用してはいけません。
毛皮のコートを同じで、死を連想させるのでお通夜にふさわしくありません。
冠婚葬祭用の靴やカバンを用意しておくと安心できますね。

できるだけ露出を避けよう

胸元が大きく開いた服は避けましょう。
お通夜では、露出を避けてください。
またスカート着用する場合は、ストッキングやタイツを履かなければいけません。
肌色のストッキングでも良いので、何かしらを履いてください。
タイツでは網目が目立つので、ストッキングの方が良いと言われています。

しかし寒い地域や時期だと、ストッキングだけでは寒さをしのげないでしょう。
その際はタイツでも構わないので、網目があまり目立たないものを選択してください。
網目が目立つとカジュアルに見えてしまいます。
普段からタイツを頻繁に履いている人がいるでしょうが、それがお通夜の時に使えるのかよく確認しましょう。
肌色の他には、黒色が許されています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ